アプリケーションエンジニア転職診断

お客様のニーズに沿って技術サポート・技術提案を行うフィールドアプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断とは

About me これからの時代に活躍するアプリケーションエンジニアになりたいというエンジニアのための、アプリケーションエンジニア転職の手引きとなるサイトです。アプリケーションエンジニアとは何か?アプリケーションエンジニアとして転職するためには?など、アプリケーションエンジニア転職を成功させるための情報を紹介しています。

カテゴリ一覧

フィールドアプリケーションエンジニア転職情報

フィールドアプリケーションエンジニア転職情報

ここでは、フィールドアプリケーションエンジニアの説明や、フィールドアプリケーションエンジニアになるための方法について解説します。

フィールドアプリケーションエンジニアとは

フィールドアプリケーションエンジニアとは、主に半導体業界において、技術力を備えた技術エンジニアを指します。世界中から調達された製品製造に必要な機能を備えた半導体・電子部品などを、独自仕様に合わせてカスタマイズする役割を担います。技術知識豊富なフィールドアプリケーションエンジニアは、非常に市場価値が高く、転職に際しても高額な年収提示が望める職種です。

フィールドアプリケーションエンジニアに求められるもの

フィールドアプリケーションエンジニアに求められるものは、なんといってもダントツに高い技術力です。近年はインターネットの進歩に伴い、インターネットビジネスが主流になっていますが、フィールドアプリケーションエンジニアは、半導体や電子部品などいわば組み込み系エンジニアであるため、インターネットビジネスで必要とされているオープン系エンジニアとは一線を画した、より高い技術力が求められます。

フィールドアプリケーションエンジニアの具体的なスキル

例えば、C言語/RTOS(リアルタイムOS)の経験者(目安として、通商産業省ソフトウェア開発技術者(旧情報処理技術者第一種)資格程度)、組込機器開発経験(デジタルカメラ・携帯電話など)、システムLSI等の半導体の知識が求められるスキルとして挙げられます。いわゆるインターネットビジネスと違い、例えば医療機器や自動車部品などは動作の遅れが人命レベルの事故にも繋がります。そのため、フィールドアプリケーションエンジニアは、通常のエンジニアが意識しないような徹底したリソース節約と堅牢なシステム設計を求められます。また、こういった技術的な組み込み機器を作っているメーカーでは、営業職も技術の知識を求められることが多く、フィールドアプリケーションエンジニアは営業職と共にお客様に技術説明を行う、営業よりの立ち位置やスキルも求められます。

フィールドアプリケーションエンジニアになるには

現在、ITのクラウド化による技術習得コストの低下もあり、オープン系エンジニアは数多く存在しますが、フィールドアプリケーションエンジニアになることは、その専門性もあり容易なことではありません。大学や専門教育機関での高度な教育を受け研究職スキル並みの能力を付けて就職するケースが多く見受けられます。いきなりフィールドアプリケーションエンジニアを目指すのではなく、最初は組み込みエンジニアとしてメーカーなどで勤務することで自身の専門性を高めることも出来ます。

人気の記事

Copyright © 2014 アプリケーションエンジニア転職診断 All Rights Reserved.