アプリケーションエンジニア転職診断

幅広い業種を相手に出来る!アプリケーションエンジニアの魅力をご紹介

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断とは

About me これからの時代に活躍するアプリケーションエンジニアになりたいというエンジニアのための、アプリケーションエンジニア転職の手引きとなるサイトです。アプリケーションエンジニアとは何か?アプリケーションエンジニアとして転職するためには?など、アプリケーションエンジニア転職を成功させるための情報を紹介しています。

カテゴリ一覧

アプリケーションエンジニアの魅力

アプリケーションエンジニアの魅力

アプリケーションエンジニアを職とすることを検討する前に、まずどのような職なのか、どのようなスキルが必要なのかを調査してみましょう。

国内外問わず幅広い業種を相手にする仕事

「アプリケーションエンジニア」という括りの中でも、それぞれ様々な業種の顧客を相手に仕事をしています。
例えば計測器メーカーに勤める場合でも、顧客には自動車ダッシュボードを検査する会社もあれば、薬やラベルの検査をする会社もあります。
製造するモノの規模にしても、社会を支える大規模なシステムから、オフィス内で使用する小さな電子機器まで大小様々です。
また、めまぐるしく変化を遂げる昨今のIT社会において、国内のみならず海外で市場開拓をする会社も増えています。

応用範囲が広いソフトウェア開発職。だからこそ、オールラウンダー性が求められる

ソフトウェアの知識は異なる分野間をまたがって応用しやすいといえます。
顧客の業種が異なっても、ベースとなるソフトウェア開発プロセスは似たり寄ったりだからです。
これはアプリケーションエンジニア職という視点では「つぶしがきく」ともいえますが、同時に同じ職種内では潜在的なライバルが多いということでもあります。
アプリケーションエンジニアが担当する領域は、サーバーサイド、クライアントサイド、インフラなどの多種多様です。
さらにはクライアントの要望や自社の業務用件を適確に分析することを主な仕事とする人もいれば、プログラミングを行ってモノを製造する人、テストを行って品質を管理する人、製造後も問題が起きないように運用や保守をする人など役割はたくさんあります。
これらのうちの一つの分野や役割だけでなく、複数のポジションをこなすことがライバルの一歩上を行くために必要になるでしょう。
特に少数精鋭で動いている企業やチームにおいては、何でもこなせるオールラウンダー性が必須の条件となります。

近年はWebアプリケーションに特化した技術力が求められる傾向にある

近年、企業の業務システムはWeb化が進んでおり、私たちの生活においてもWebが頻繁に利用されるようになりました。
Webの利用は数年前まではパソコンが主流でしたが、最近では携帯電話やスマートフォンなどのモバイル端末やゲーム機でも利用できるようになり、Webを利用する機会が増え続けています。
このような世の中のトレンドもあって、アプリケーションエンジニアにはWebアプリケーションに特化した技術力を求められるようになってきています。
これからアプリケーションエンジニアになろうと目指している人は、Webアプリケーションの専門的な知識を持ち、Webアプリケーションシステムの開発や運用ができるような技術力を持つ必要があります。

人気の記事

Copyright © 2014 アプリケーションエンジニア転職診断 All Rights Reserved.