アプリケーションエンジニア転職診断

求められる3つのスキルと1つの資質。アプリケーションエンジニアのスキル

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断とは

About me これからの時代に活躍するアプリケーションエンジニアになりたいというエンジニアのための、アプリケーションエンジニア転職の手引きとなるサイトです。アプリケーションエンジニアとは何か?アプリケーションエンジニアとして転職するためには?など、アプリケーションエンジニア転職を成功させるための情報を紹介しています。

カテゴリ一覧

アプリケーションエンジニアに求められるスキル

アプリケーションエンジニアに求められるスキル

近年のWeb業界の注目に比べると、SI業界はエンジニアのロールモデルについて明確な姿が描かれることは少なくなりました。ここでは、SI業界の特徴である、上流アプリケーションエンジニアについて、その解説と求められるスキルについて解説します。

SI業界のエンジニアは2種類に区分できる

そもそも上流アプリケーションエンジニアとは何を指すのでしょうか。SI業界のエンジニアを区分して解説します。

1.上流アプリケーションエンジニア
SI業界でのシステム開発はいわゆるゼネコン業態であるため、お客様と直接やり取りする一次請けの会社、その下請けをする会社、と複数の会社で行います。そのため、一次請け会社のエンジニアは、中間管理職的な役割を担うことも多く、いわゆる上流アプリケーションエンジニアというのはこの役割に当たるエンジニアを指します。

2.技術志向エンジニア
IT技術そのものを研鑽していくエンジニアを指します。SI業界にもWeb業界にも存在するキャリアですが、SI業界は多くの人間が上流アプリケーションエンジニアを目指すため、一般的にはWeb業界に多く見られるキャリアモデルです。例えばITアーキテクトやITスペシャリストといった職務を担います。

上流アプリケーションエンジニアに求められるもの

上流アプリケーションエンジニアは既存のシステムの改修をする事よりも、1)現在の業務モデルを描き、(2)課題(要件)を抽出し、(3)その課題(要件)を解決するアプリケーション機能を設計する事が求められます。既存のソフトウェアやパッケージ固有の知識とゆうよりも、コンサルテーションに近い、業務の問題把握と課題解決力が求められます。

求められる3つのスキルと1つの資質

上流アプリケーションエンジニアについて理解が出来ましたが、ではそのキャリアに求められるスキルや脂質はどのようなものがあるのでしょうか。

1.企画・提案力
お客様自身がまだ不確定な現状の問題点を、共に調査し提案することが求められます。

2.業務知識
お客様の業界のトレンドや現状、又お客様固有の業務知識を深く知らなくては、お客様よりも優れたシステム提案をすることは不可能です。

3.技術を見きわめる目
上流アプリケーションエンジニアが請け負うプロジェクトは、既存のシステム改修ではなく新規設計であることが多いです。ですので、システム化するにあたりどの技術を選定するのかは、極めて重要なスキルです。

また、資質としては「柔軟性」が求められます。複数の会社とともに一つのゴールを目指すため、時には融通するような柔軟な対応でプロジェクトを完遂させることが求められます。

人気の記事

Copyright © 2014 アプリケーションエンジニア転職診断 All Rights Reserved.