アプリケーションエンジニア転職診断

仕事内容などをご紹介。アプリケーションエンジニアとは?

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断とは

About me これからの時代に活躍するアプリケーションエンジニアになりたいというエンジニアのための、アプリケーションエンジニア転職の手引きとなるサイトです。アプリケーションエンジニアとは何か?アプリケーションエンジニアとして転職するためには?など、アプリケーションエンジニア転職を成功させるための情報を紹介しています。

カテゴリ一覧

アプリケーションエンジニアとは

アプリケーションエンジニアとは、エンジニアという職業の中でも、ユーザーやクライアントとの距離感が近い仕事になります。ユーザーの要望、アプリケーション自体の目的、マーケットニーズなどを正確に汲み上げ、具現化するために技術的要件に落とし込むことが、アプリケーションエンジニアの主な仕事になります。

アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアの仕事内容

AE(アプリケーション・エンジニア)は、アプリケーションに関する仕事を行い、システムを設計する事はないですが、顧客の不満をくみ上げ、セールス部門と連携して仕事をする時もありますが、各種シミュレータやC/C++の経験も当然必要となるエンジニアです。仕事の責任の範囲から FAE,CAE,SEなど いろいろな肩書があります。但し、どんなAEでも、技術的なポジションにも関わらず、取引先など外部の人との接触が多く技術とビジネスの交差点にいるためビジネス全体を見通して仕事をできます。

アプリケーションエンジニアの魅力

アプリケーションエンジニアの魅力

アプリケーションエンジニアを目指している人は、どのような職なのか、どのようなスキルが必要なのかを調べてみましょう。アプリケーションエンジニアは国内外を問わず幅広い業種を相手にする仕事であり、それぞれの分野で求められるスキルも異なります。ソフトウェア開発は応用範囲が広い職種であるといわれていますが、一つの分野や役割だけでなく複数の役割をこなすことができたほうが企業やチームから重宝されます。近年ではスマートフォンをはじめとしたデバイスの多様化に伴い、Webアプリケーションに特化した技術力が求められる傾向にあります。

アプリケーションエンジニアの資格

アプリケーションエンジニアの資格

アプリケーションエンジニアのニーズは日増しに高くなっています。業務を設計し、数名から10名ほどのチームを率いながらクライアントのニーズを打ち返す仕事であり、自社開発の仕事から受託開発まで、いろいろと業務には幅があります。そのため門戸が広いようにも感じられますが、実績がないとなかなか潜り込めない職種でもあります。現在は資格を取得することで、自分に一定以上の能力があることを示すケースも増えてきています。ここでは「システムアーキテクト試験」について解説し、紹介します。

アプリケーションエンジニアに求められるスキル

アプリケーションエンジニアに求められるスキル

近年のWeb業界の注目に比べると、SI業界はエンジニアのロールモデルについて明確な姿が描かれることは少なくなりました。ここでは、SI業界の特徴である、上流アプリケーションエンジニアについて、その解説と求められるスキルについて解説します。SI業界のエンジニアを「上流アプリケーションエンジニア」「技術志向エンジニア」に区分し、上流アプリケーションエンジニアに求められる業務の問題把握と課題解決力について、3つのスキル(企画提案力、業務知識、技術を見極める目)をベースに解説しています。

人気の記事

Copyright © 2014 アプリケーションエンジニア転職診断 All Rights Reserved.