アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニアが今後目指すのはフルスタックエンジニア

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断とは

About me これからの時代に活躍するアプリケーションエンジニアになりたいというエンジニアのための、アプリケーションエンジニア転職の手引きとなるサイトです。アプリケーションエンジニアとは何か?アプリケーションエンジニアとして転職するためには?など、アプリケーションエンジニア転職を成功させるための情報を紹介しています。

カテゴリ一覧

今後はフルスタックエンジニアが求められる

今後はフルスタックエンジニアが求められる

クラウドサービスの普及により、アプリケーションエンジニアがサーバー構成を決めたり、チューニングを行ったりしています。こうした現実を受け、これからのエンジニアは、ネットワーク、サーバー、ストレージ、アプリケーションのすべての分野をカバーするフルスタックエンジニアを目指すことが求められています。ここでは、その背景を解説するとともに、現実的にフルスタックエンジニアになるための手法を紹介します。

フルスタックエンジニアとは

通常はそれぞれに専門の技術者がいて分業されるような複数の技術分野についての知識や技能に精通し、一人でシステム開発や運用を行なうことができる技術者のことを指します。

フルスタックエンジニアが求められている理由

フルスタックエンジニアが求められているのは様々な理由がありますが、主流は以下の2点です。
1.IT業界のベンチャービジネスが盛んなため
フルスタックエンジニアは、要は何でも屋である事を考えると、資金や事業規模に乏しく分野ごとに専門家を用意するのが難しい、設立間もないベンチャー企業(スタートアップ)などで特に必要とされる職種だと理解できると思います。近年、益々IT業界のベンチャービジネスが盛んになってきています。この現状がフルスタックエンジニアが求められる大きな要因の一つになっています。

2.クラウド化が発達したため
ここ数年の変化として、クラウドが一般的になったことでインフラやバックエンドの構築が以前よりずっと容易になりました。サーバ周りにもクライアント周りにもさまざまなフレームワークが充実したことで高度な機能を短期間で開発できるようになり、一人のエンジニアでできることの範囲がずっと広がりました。そのため期待値も必然的に高まり、あれもこれも出来るエンジニアが期待されていると考えられます。

フルスタックエンジニアになるためには

あれもこれも出来るエンジニアと言うのは、具体的にどのようなスキルでしょうか。企業や業種により求められる幅は違いますが、一例としては、WebサイトやWebサービスの構築・運用であれば、サーバやネットワークの調達や設定(拡張設計含む)、サーバ側のソフトウェア環境の構築(障害対応)やプログラミング、データベース設計(拡張含む)、Webデザイン、クライアント側のプログラミングやHTML/CSSコーディングなど、関連するすべての分野について知識や経験があり、独力でサイト構築やサービスの立ち上げ、運用などができる技術者を意味します。こうやって記述すると大変な技術量に思われるかもしれませんが、普段のシステム開発の中で自分に与えられた役割だけでなく、他のメンバーやチームがやっていることを自主的に興味を持ち理解する事を続けていけば、自ずと見えてくる分野が沢山あります。あれもこれもと手を広げすぎて曖昧な理解にとどまること無く、自分の今の立ち位置を基準にして少しずつ技術の分野を広げていきましょう。

人気の記事

Copyright © 2014 アプリケーションエンジニア転職診断 All Rights Reserved.