アプリケーションエンジニア転職診断

これからのアプリケーションエンジニア転職に必要な知識、情報を紹介します

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断

アプリケーションエンジニア転職診断とは

About me これからの時代に活躍するアプリケーションエンジニアになりたいというエンジニアのための、アプリケーションエンジニア転職の手引きとなるサイトです。アプリケーションエンジニアとは何か?アプリケーションエンジニアとして転職するためには?など、アプリケーションエンジニア転職を成功させるための情報を紹介しています。

カテゴリ一覧

アプリケーションエンジニア転職診断

スマートフォンの登場により、スマホアプリという言葉も浸透し、アプリケーションという言葉も一般的に知られるようになりました。アプリと言えばスマホを思い浮かべる人も多いでしょう。しかし、アプリケーションとはスマートフォンだけのものではなく、エクセルやワードなど、ある目的のために動くソフト全般をアプリケーションと呼びます。アプリケーションエンジニアとは、マーケットニーズとクライアントニーズ、ユーザー視点を把握し、専門技術をもってアプリケーションに落とし込むことができる技術者です。これからの時代に、すぐれたアプリケーションを生み出すことができる優秀なアプリケーションエンジニアは必要不可欠な存在となるでしょう。

アプリケーションエンジニアとは

アプリケーションエンジニアとは 世界全体がものすごいスピードで情報化し、次から次へと革新的なサービスが世に出されています。わたしたちユーザーがそれらのサービスに触れる接点にあるものが、アプリケーションです。アプリケーションを介して、快適な操作感による気持ちよさ・使いやすさなどを表現することになります。アプリケーションエンジニアは、ユーザー視点、クライアント視点、マーケットニーズなどを敏感にキャッチし、技術的知識をもってその要件を落とし込むという、開発ビジネスにおける橋渡し役を担うことになります。技術分野と同時にマーケティングの分野にもわたる幅広い知識を要するハイレベルな職業です。 詳しくはこちら

これからのアプリケーションエンジニアに求められるもの

これからのアプリケーションエンジニアに求められるもの 狭い領域だけにとどまっていてはアプリケーションエンジニアとして優れたアプリケーションを排出することはできません。これまでは、自身の専門分野や得意分野のみに特化して掘り下げる専門特化タイプのエンジニアでも、エンジニアとして生きることができました。しかし、デバイスが多様化し、クラウド化への流れをみせる現代と、これから先のユビキタス時代におけるアプリケーションエンジニアには、最低でもマルチスタック型であることが求められます。広い範囲に深い知識を持つフルスタック型エンジニアを目指すことが、アプリケーションエンジニアの理想形と言えるでしょう。 詳しくはこちら

アプリケーションエンジニアへの転職

アプリケーションエンジニアへの転職 エンジニアの転職活動において、履歴書や面接でのアピールポイントを技術スキルのみに絞ってしますエンジニアがいます。しかし、アプリケーションエンジニアへの転職を考えるのであれば、もっと深い思考を持ちましょう。当然、優れたアプリケーションを開発できるエンジニアであるかどうかを見るポイントの一つは、それを実現するための技術力にあります。さらに踏み込んで、その技術力をどう活かして何ができる人なのかをアピールしてください。それをアピールするのが履歴書で言うところの「志望動機」にあたります。「アプリケーションエンジニアになりたい理由」と、「御社で働きたい理由」をしっかり区別できるかどうかもポイントです。 詳しくはこちら

人気の記事

Copyright © 2014 アプリケーションエンジニア転職診断 All Rights Reserved.